タイプ別に東京土産をご紹介します

東京土産にお菓子を選ぶなら・・・

地元へ帰省する際に、悩むのが東京土産です。一番無難なのは、やはりお菓子でしょうか。東京土産といえば、ひよこや東京ばな奈が定番ですが、たまにはちょっと違うものも選びたいという場合におすすめなのが、麻布十番にある豆源です。豆源は豆菓子の専門店で、実にたくさんの種類のフレーバーが揃っています。おとぼけ豆や海老豆などから、青りんごやヨーグルトナッツ、カレービーンズなどのユニークなものまで選ぶもの楽しい一品です。

お子さんへの東京土産は・・・

甥っ子・姪っ子や親戚の子供たちにもなにかお土産を、という場合には、東京駅一番街にある東京キャラクターストリートへ足を運んでみてはいかがでしょうか。ムーミンやスヌーピー、ポケモンやプリキュアなど子供たちが大好きなキャラクターのショップが20店舗以上並んでいます。中でもおすすめなのが、テレビ局のショップです。小さいお子さんならアニメ番組のキャラクターグッズが、少し大きいお子さんならバラエティー番組のグッズなどが喜ばれるのではないでしょうか。

外国の方への東京土産は・・・

海外へ行く際の東京土産は何が良いのでしょうか。おすすめは「かまわぬ」の手ぬぐいです。日本的である手ぬぐいは軽くてかさばらないので持ち運びしやすいですし、バラエティに富んだ柄には日本らしいものも多いので、外国の方へのおみやげに最適です。お子さんへはジブリグッズやサンリオグッズはいかがでしょうか。トトロやハローキティは海外でも大人気です。女性へは「まかないこすめ」のスキンケアグッズがおすすめです。日本ならではの原材料を使ったコスメは外国の方に喜ばれます。

カンパネラは鐘という意味を持つイタリア語です。リストの作曲した楽曲にラ・カンパネラという曲がありますが、曲の始めの音がまるで鐘の音のように聞こえてきます。