ツルッとしていてたくさん食べたくなる、台湾スイーツ豆花

豆花は豆乳プリンのようなものです

独自の食文化が育っている台湾は、デザートも美味しいものが盛りだくさん!日本人の台湾への観光客は最近多いですが、グルメ目当ての人も多いのではないでしょうか。庶民派グルメやスイーツは、手ごろな値段でたっぷりおいしいものをいただけるのが魅力です!スイーツの中でも豆乳を使ったプリンのような豆花というデザートは口どけも良くて、ツルッとしているのでたくさん食べやすいうえに、味も日本人向けだと言えます。最近は日本でも食べられるようになりましたね。

豆花には色々な顔がある?

都内中心に台湾のスイーツの専門店が台湾から進出するようになったので、日本にいながら本場の豆花が食べられるようになりました。マンゴーアイスのお店も増えていますね。豆乳とサツマイモから採れた粉を混ぜて作っていますが、お店によってかたさや甘さ、濃厚さが全然ちがうんです。シンプルな料理だからこそ、お店ごとのアレンジがあるのでしょうね。トッピングは果物やタピオカ、緑豆などをたっぷり乗せますが、これらもお店ごとに用意されているものに個性が出ています。

豆花と台湾の深い関係

豆花は日本人が思っている以上に台湾の人に親しまれているスイーツです。豆乳を使っていても、砂糖は用いていないので栄養価が高くてヘルシーですし、消化もいいので単なるデザートとしてだけではなくて、身体の調子が悪い時にもよく食べられます。食欲がなくて、食べ物も喉を通らない時の栄養補給にいい食べ物だと認められているのです。豆花の売り子さんも注目されやすく、お店の看板娘から人気タレントとして成功した人もいます。すごいシンデレラストーリーですね。

小麦粉で作った生地で肉を包んだ造りになっている肉まんを家庭で調理する場合、風味を保つために高温の蒸気で加熱するように心がけます。