屋上緑化を上手に導入して快適な暮らしを手に入れましょう

屋上緑化最大のメリットは省エネです

屋上緑化のメリットとして、景観の向上や二酸化炭素の増加防止、癒しの空間の形成など、さまざまな点があげられますが、その中でも最も注目されているのは省エネ効果です。直接太陽光に照らされる住宅やビルなどの屋根材は、夏場になると60度を超える高温になりますが、屋上緑化を行った屋根材は30度前後を保ちます。特に屋上緑化を行った直下の階層では、夏場でも室内温度の上昇が緩やかで、緑化植物がいわば外張りの断熱材の役割を担ってくれることが、実証実験によって証明されています。

屋上緑化導入の際の注意点

屋上緑化導入の際には、いくつか注意点があります。まず、建物構造上どんなものでも導入が可能というわけではなく、荷重や設置方法等の制約によっては、たとえ軽量土壌を使用しても導入できないケースもあります。また、屋根材との間の防水層の適正な選択も大きなポイントになります。植物は意外と丈夫ですから、防水層や防根シートが不十分だと、それらを突き抜けてかえって屋根材を痛めてしまったり、雨漏りなどのトラブルの遠因になる可能性もあります。いずれも、専門業者に相談したうえで検討を進めましょう。

こんな点もおさえておきましょう

導入の際に意外と後回しになりがちなのが、「どんな植物を植えるのか」「管理はどの程度必要か」といった、植栽管理の計画です。たとえば成長の早い高木は、荷重などの点からも屋上緑化には向きません。また、広葉樹の場合は、秋に落葉しますので、落ち葉が雨どいなどにたまって詰まってしまい、排水不良になるなどのトラブルも想定されます。日当たりが良い分、散水などのメンテナンス面での工夫も必要になります。いずれも、実際に緑化した後には簡単には変更できない部分ですので、慎重に検討を重ねましょう。

屋上緑化のデメリットとして、植物の維持管理や排水・防水の処理などに関するコストの問題が挙げられます。

機械式時計の手入れのすすめ

機械式時計を手入れするための最初の知識

機械式時計とは電池ではなくゼンマイを動力とする時計です。

つまり電池の交換は必要ありません。

定期的にメンテナンスをすれば何年も使い続けることが出来るので、きちんとした知識を持つことが大切です。

まず、自宅で保管するときは高温多湿を避けます。

そしてテレビやパソコン、携帯電話など磁気があるものの側に置かないようにします。

使用頻度も時々よりは出来るだけ毎日使った方が潤滑油が馴染んで長持ちします。

時計店での手入れの前に、まずは自分が自宅できちんと保管できることも長持ちさせる重要なポイントになります。

機械式時計の時計店での手入れ

機械式時計の手入れで自分で出来ることは、正しい保管と使用法を守ることなので、メンテナンスは時計店に持っていきます。

時計店では店員さんはトレイの上に乗せてくれるので、落とさないように気を付けます。

機械式時計は職人さんが手作業で組み立てているので落下に弱く、一つでも部品がなくなってしまうと動かなくなります。

メーカーによりますが、通常は2、3年の保証期間があるので、期間内であれば無料で修理してもらえます。

時計店でのオーバーホール

時計店に持っていくと時計を部品まで全て分解して清掃し、また組み立て直す【オーバーホール】をしてもらえます。

時期の目安としては3〜4年おきくらいが良いです。

あまり頻繁にやりすぎるのも時計には良くないので、時間が遅れはじめたら時計店に持っていくといいでしょう。

金額は時計やお店によって変わりますが、シンプルな時計であれば3〜5万円程度で修理してもらえます。

複雑な構造の時計になると、価格も更に増します。

大切な時計を長く使うには正しい知識と定期的なメンテナンスが大切です。

ブシュロンはハイジュエリーを扱うブランドです。化粧品なども扱っており、女性に人気が非常に高いブランドとなっています。

機械式時計の種類と手入れ

精密な機械仕掛けの魅力

機械式時計はモーターや電気を使わずエコロジーであり、長く愛用できるタイプの時計です。

ストップウォッチやカレンダー、更には歯車の回転を一定に保つ為の調速機構ですら、全てゼンマイ仕掛けで動かしているのです。

伝統的で細部までこだわりを持って作られている高級な時計には、機械式のものが多いとされています。

小さなボディの中には精密な歯車等がぎっしり詰まっており、作り手のこだわりや浪漫をしっかり感じる事ができるのが、この機械式時計なのです。

手巻きと自動巻きの違い

機械式タイプには「手巻き」のものと「自動巻き」の二種類があります。

手でゼンマイを巻くか、着用時の腕の動きにより自動でゼンマイが巻かれるかの違いです。

手巻きのものの場合、動き続けられる時間は40時間程度なので、毎日巻いてあげる必要があります。

しかし、毎朝ゼンマイを巻く事が、自分の一日の始まりでもある事を実感できて好ましく感じる方も多く存在します。

現在の機械式タイプの主流は自動巻きですが、ゼンマイを自分の手で巻く行為に魅力を感じる方も少なくないのです。

メンテナンスを忘れずに

機械式時計は時々手入れや調整をしてあげる必要があります。

長い年月使い続けていると、僅かにゼンマイが摩耗してきたり、油切れ等が起こる事があるのです。

このようなメンテナンスは頻繁に行うものではなく、三年か四年毎程度で行うのが丁度良いとされています。

機械式の時計は大変精密にできているので、手入れ等は専門家に任せる事となり、一つ一つ細かな部品を分解した後しっかりと洗浄し、再び組み立て直して注油、そして時間の調整をしてもらいます。

優れた品質の宝石、精密で完璧な職人技を基礎として築き上げたダミアーニの特徴と名声はいまや世界中で認められています。

機械式時計のお手入れ

昔からあるシンプルな腕時計

機械式時計の特長としては、昔からのシンプルな腕時計であるといった点が挙げられます。機械式タイプの時計の特長としては電池を入れなくても動作し続ける事ができる点においてポイントとなっています。クオーツタイプの腕時計とは違いねじを巻くだけで稼働させる事ができるため経済的です。腕時計の秒針が止まってしまったとしてもリューズを巻くだけで再びまた動作させる事ができます。気分や、ファッションに合わせて使いたいときに使う事ができる時計です。

クリアシールでガラス面をしっかり保護

機械式時計だけではなくクオーツ時計にも言える事ですが、文字盤を保護するガラスケースに傷が付きやすいので、ちょっとした工夫でお手入れしておけば傷を防ぐ事ができます。文字盤を保護しているガラス面にはちょっとした事で傷が付きやすい特徴があるため、注意して普段から活用するように心掛けましょう。もし傷を付けてしまう心配がある場合には、スマートフォンなどに貼り付けする液晶パネルの傷つき防止シールを適切なサイズに切り取って貼り付けすることで対応することが可能です。シールが細かい傷つきを防いでくれるため、大切に使う事ができます。

手で触った後は拭き取りする

金属部分を手で触った後、しばらく放置をしておくと錆びてしまうことがあります。メッキ面でもメッキ塗装が錆びてしまうことがあるため注意して活用することが大切です。万が一さび付きが心配な場合にはたまにしっかりと拭き取り掃除を行いましょう。手に付着している油分などを綺麗に拭き取りして、金属部品を長持ちさせることができます。もしシリコンクロスがある場合には、シリコンクロスを使って拭き取りするのも効果的です。シリコン皮膜が金属を汚れや傷からカバーします。

歴史と格式がある高級時計メーカー「パテックフィリップ」は数多くの著名人に愛されていました。ウォルトディズニーやヴィクトリア女王も購入した事で有名です。

ファッションとしての機械式時計

おしゃれなアイテムとしても目立つ機械式時計

機械式時計はゼンマイで動作をする腕時計で、古くから存在している腕時計の一種類となっています。リューズを巻くことによってゼンマイが巻かれて動作をするタイプの時計もありますが、他にも振り子の動作によって自動的にゼンマイを巻く事ができるオートメーションタイプの機械式時計も販売されています。オートメーションタイプのものは歩行中に手を振るだけで自動的にゼンマイが巻かれる仕組みとなっている事から、装着しているだけで実用的な活用を行う事ができます。

革ベルトを活用した腕時計

ファッションとして腕時計を見る時に、革製のベルトを活用したタイプと金属製のベルトを活用したタイプとの違いで大きく印象が別れることになります。革製のベルトは軽くてお洒落ですが、使っているうちに次第に革の表面が経年変化してしまうことがあります。金属製のベルトを活用しているタイプの製品と比べると寿命は短いものの、しかし万が一痛んだ場合には交換ベルトを簡単な交換作業で付け替えることができるため、普段使いとして活用しやすいタイプと言えるでしょう。

スタイリッシュな金属製のバンド

革のベルトとは違って重厚感があってスタイリッシュなベルトが金属製のベルトです。金属製のベルトにも比較的軽量で柔軟性に富んでいる製品もありますが、一方重厚感があって堅牢な印象のベルトもあります。どちらもステンレス素材で作られているため丈夫で長持ちするのが特長です。また耐久性もあり、革のベルトのように経年変化もありません。外観からスタイリッシュな印象を受けるベルトでもある事から、デスクワークなどの作業に向いている時計バンドと言えるでしょう。

スイスの高級時計、宝飾品メーカーであり世界三大高級時計メーカーのひとつでもあるオーデマピゲは創業から130年以上その上品なデザインで超高級ながら現在も憧れる時計ファンが多いブランドです。

紳士ファッションにおすすめの時計3種類

ハミルトンの時計は渋い

紳士ファッションの定番といえばスーツや革靴がありますが、それ以外に機械式時計も売っています。機械式時計は高級ブランド品なども存在し、よりデキる男を演出できるのです。

高級感のあるアメリカブランドの時計が欲しい人は、ハミルトンの時計がオススメといえます。こちらのブランドは気品のある風合いをしており、レザーバンドの時計は男心をくすぐるデザインで好評を博しているのです。

ベンチュラは独特のケースデザインでかなり個性的な見た目をしています。

高品質なシチズンも人気

機械式時計といえばスイスブランドの商品が定番ですが、日本製の商品も人気です。その中でもシチズンのアテッサはかなり使い勝手がいい商品と言えます。

最新の技術によって創りだされた時計でsolid.1/20秒のクロノグラフを採用しているのです。シチズン独自のエコドライブテクロジーを採用しており、電池を買わなくても利用できます。

内蔵ソーラーセルによって発電が可能で、僅かな光がある場所でも充電できるすぐれものです。

ミリタリー好きにはブライトリング

空軍といったミリタリーが好きな人はスイスのブライトリングがオススメといえます。こちらはプロフェッショナル仕様の時計を販売しており、実際に空軍に商品を納入した実績のあるブランドです。

複雑に入り組んだ文字盤など男性向けの外観で、所有欲をかきたてられる時計となっています。回転ベゼルが計算尺になっているナビタイマーはかなり人気のモデルです。

LED搭載や液晶モデルなどの変わったラインナップもあり末永く愛されています。

時計と言えば、グランドセイコーです。一度は使ったことあると思います。シンプルなデザインから、女性の手を美しく見せるデザインなど、男女お揃いでも使える時計です。時計の文字も見やすく親しみのある物です。